Eight Days A Week

1週間で8日分楽しんじゃえばいいじゃん
<< ラウール・ゴンサレス | main | くるりベスト盤『TOWER OF MUSIC LOVER』発売!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ドイツ戦レビュー
ヒデが「このチームで最高のゲーム」と称すとおり、すばらしい内容だった。それだけに、勝利――しかも強豪からの、で本番前に自信を得たい試合だった。

一夜明けて、テレビをつけりゃ大絶賛。
ドイツ相手に引き分けで歴史的って。
どういう報道ですか??

親善試合ですから!!
むしろそれ以下。
調整ですよ、ドイツにとっては。
ブラジル、アルゼンチン、イングランド。
優勝候補の昨日のお相手はどこも格下でしたから。
ドイツとやることは随分昔から決まってましたから。
向こうにとってはあくまで「接待」でしたから。
残念。


それでもドイツの選手の目の色を変えさせたのは賞賛に値するけど。


日本代表スタメン


        柳沢               高原     
            
                 中村 
        
 三都主                           加地

         中田英            福西

     中澤          宮本          坪井   
        
                 川口 


ヒデと俊輔は大会前に改めてワールドクラスの選手であることを証明した。
世界レベルのチームを相手に2人、3人に囲まれてもボールを失わないのは、日本人ではこの2人だけだね。
中盤でボールを失わないこと。
さらに後ろや横ではなく、縦に繋ぐこと。しかもワンタッチ、ツータッチで。
高原、柳沢も絡めた昨日のパス回しは、確かに過去最高の出来だった。


やっぱりサイドの選手がドリブルをできないのはイタイなー。
加地は最終ラインまで戻って守備面でがんばってたけどね。
シュバインシュタイガーは川平慈英じゃなくても腹立つわー。
何なのあの場面でのあのタックル。
見た目からして頭悪そうだもんな。サッカー選手じゃなかったらどうなってたんだっていうくらい。
だからこそハングリーなんだとも思うけど。
日本人に決定的に足らないのはここだと思うんだけど、この問題は地球がまともに回ってる限りは解決しないだろうから無視しよう。

で、その加地に代わった駒野。攻撃面で加地以上であることを証明したね。縦に勝負するし、クロスの精度高いし。シュバインシュタイガー自陣に押し込めるくらいだったからね。

それに引き換え三都主。
何、あのビビリは。
ドイツも当然その点を把握してて、オドンコーにそこをつかせようとしたんだけど、 いかんせんオドンコーの出来が悪かった。
シシーニョだったら?ロビーニョだったら?
あー、こわい。


そして昨日の試合でわかったよね。
宮本がいらないことが。
三都主以上のビビリ。
日本のチャンスのほとんどが中盤でボールを奪ってからのカウンター。
それなのに引いて奪ってカウンターがいいらしいんです恒ちゃまは。
それってビビりだからでしょ。
高い位置からプレスをかければ、奪えば一気にチャンスになるけど、かわされればピンチになる。
DFが相手と1対1を強いられる場面が増える。
引いて守れば相手より人数が多いから1対1の場面は少なくなる。
自信がないわけよね。スピードに、高さに。代表選手とは思えないくらいに。
おまけに昨日は自慢のフィードも自信なさげで。
身体能力で劣る日本人が1対1になったら不利なのはわかる。
そうした個々の不利を補うのが組織だというのもわかる。
中澤はビビッてるようには見えなかったけどな。
おそらく松田もビビらないだろうし。
だから松田呼んどきゃよかったんだよー。
宮本の代わりに3バックの真ん中できるし。
もう遅いけど。


悪い話ばっかじゃないし。
大黒は使えるね。
ゴールに直結するボールのもらい方は日本で一番上手いよ。
俊輔だけじゃなくヒデとも合うみたいだしさ。

失点に関しても、悪いのは宮本だけじゃなくてチーム全体の問題だし。
あれだけセットプレーの機会を与えれば決めてくるよドイツは。


とにかくいままでやってきたことが間違ってなかったことはわかったわけだし。
これなら充分戦えるよ。


でもやっぱり楽観的にはなれないんだよね。
だってオーストラリアもクロアチアもドイツみたいにライン上げてこないもん。
もっとガツガツくるもん。
誰を潰すべきか研究してるもん。
ブラジル強いもん。。。


それでも4年前、8年前の開幕前よりはずいぶん期待してます。



国際親善試合
5月30日20時30分キックオフ レバークーゼン

ドイツ代表 対 日本代表
  2   ―  2

後半12分 高原直泰(日)
後半20分 高原直泰(日)
後半30分 クローゼ(ド)
後半35分 シュバインシュタイガー(ド)


ドイツ戦
ワールドカップ | 10:28 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
- | 10:28 | - | - |









http://signori11.jugem.jp/trackback/293
ドイツ戦を振り返って
まずはじめにフジテレビ!日本テレビ!この野郎! 試合が終わってないのに結果いってんじゃね〜〜よ!まじでむかついた! 誰か抗議の電話バンバンやってくれwww さて、本題にはいろう。 試合結果は2−2のドロー。 内容は最高だったね。過去2年
| 幸一の戯言 | 2006/06/01 12:09 PM |
ドイツで確かめたいもの
[6.1コラム  ドイツで確かめたいもの] ■欧州遠征でつかんだ、ジーコのスタイル  ワールドカップ・ドイツ大会まで、あと9日あまり。これまでの道のりを振りかえると、日本代表は2004年2月のアジア1次予選から数々の激闘をくり返してきた。それは、決して楽な
| ワールドカップブログ | 2006/06/01 2:06 PM |



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー, 石渡淳治
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
ハムスター
ハムスター (JUGEMレビュー »)
ショコラ, 片寄明人, 久米大作, 神田朋樹, 加地秀基, ダリアン・サハナジャ, 見津優, 會田茂一
Buzz Songs
Buzz Songs (JUGEMレビュー »)
Dragon Ash,Dragon Ash,降谷建志
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
STAND BY ME
STAND BY ME (JUGEMレビュー »)
GOING UNDER GROUND, 松本素生
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史
メイキング・ザ・ロード
メイキング・ザ・ロード (JUGEMレビュー »)
Hi-STANDARD,Hi-STANDARD,難波章浩,GOATEE,横山健
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004 (JUGEMレビュー »)

これ持ってないとレイソリスタではないでしょ。この10年で自分も子供から大人へ。青春アルバム的な1冊。
今となっては降格争い…。よかった頃を思い出してくれー!!
ERA
ERA (JUGEMレビュー »)
中村一義,サー・E.エルガー
TEAM ROCK
TEAM ROCK (JUGEMレビュー »)
くるり,岸田繁
くるりのNO.1アルバムですね。個人的に。入っている曲、曲順、全て良し。ホントに何百回と聞いたと思う。今も聞いてるけど…。
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
Search this site.