Eight Days A Week

1週間で8日分楽しんじゃえばいいじゃん
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ZEPP TOKYO
ZEPP TOKYO

一番最初に行ったのは、BRAHMANだったか。それともくるりだったか。
今年はまだ行ってないけど、これまで10数回行ってる。
一番足を運んでるライブハウス。
そして一番好きなライブハウス。


まず、でかいからチケットが取りやすい。
それにリッチ条件がいい。
お台場は車で行きやすいし、停めるところにも困らないし。
ロッカーも多いしね。これ以外に重要。


昨日、突然今年一発目のZEPPが決まった。
ASIAN KUNG-FU GENERATION TOUR 2006
「count 4 my 8 beat」

そう。またしてもアジカン。
このツアー3回目でごわす。


9月には、
くるり ワンマンツアー 2006 〜まZEPPご飯!〜
あるし。
とか思ってる矢先に、なんと、
7月6日(木)SCHOOL OF LOCK! Presents リップとくるり、ひと夏だけの夢コラボ@Zepp Tokyo
が決定!!!
うわー、これ行きたい。
要チェックやわ。


くるりはなんとベリテンにも出るらしい。
ベリテンね。
なつかしいね



今日の一曲
歌うたいのバラッド/斉藤和義
音楽 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2006 「count 4 my 8 beat」@横浜BRITZ
3月18日のJAPAN CIRCUIT-vol.31-@SHIBUYA-AX以来のライブ。
あの不完全燃焼以来のライブ。
そして、3回目のアジカンライブ。


3回目にして初のワンマン。
『君の街まで』、『海岸通り』、『E』、『N.G.S』
まだ観ぬ名曲たち。
聴きたいわけですよ今回こそ。


そして、初の横浜ブリッツ
フェスでもないのに1都2県越えてまで行くようになっちゃったのか。
Jリーグじゃ行かないな。
音楽>サッカー??。


いかんせんGW初日ってことで、渋滞をものすごい懸念。
14時に神楽坂のYっさん宅。
首都高は絶対に使うまいと心に強く決めてたから、ゆったりと12時に柏発。
意外や意外、道は空き空き。
途中、白バイにピッタリ後付かれてて、変な汗いっぱい流したものの、
13時ちょい過ぎには飯田橋着。


時間にだいぶ余裕があるから、
日比谷パレス
で飯を食うことに。
この前撮影で使って、かなりポイント高けぇなと思った2日後、
『ガキの使い』で世界のヘイポーと西川史子が使ってた。。。

GW初日であることをうっかり忘れてた。
会場は結婚式的なもので貸切。
しかたなく、同じ日比谷公園内の松本楼へ。
はい、最悪。
もう二度と行かない。
接客も味もなめてる。
なんで客が立って支払ってるのに店員が座ってお金を頂いているのでしょうか。
なんでカレーが甘いのでしょうか。
なんであれだけ店員がいるのに水ひとつ出てくるのに10分もかかるのでしょうか。
完全なる殿様商売。
古き悪しき日本を見た気がした。


完全に気分を害したところで横浜へ出発。
ここからはさすがに首都高使って、1時間もかからずにみなとみらい着。
ブリッツの敷地内にも駐車場あるけど、30分250円。
下調べして、ちょっと歩くけど1日1200円のところへ。
浜風に吹かれながら、カップル郡を切り裂いてブリッツ着。
やっぱ同じようなかっこ=Tシャツ&首タオルな人たち見ると、
テンション上がるね↑
通りに面してて、スペースないからしょうがないけど、
整理番号よかったから、すごいせまい所に押し込まれて待つこと30分強。
ようやく中へ。
ロッカー確保して、物販もガマンして、ビールを片手にさらに30分。

照明が落ちてアジカン登場!!
1曲目は『暗号のワルツ』!!!
って、下北沢SHELTERと千葉LOOKのセットリストを2chで見てたから知ってたんだけど。
「ファンクラブ」の中で一番好きなこの曲。
やっぱアルバムどおり初っ端に聴きたかったね。
そのまま「ファンクラブ」の1曲目〜3曲目曲順どおり。

新曲は7月5日に発売の、
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents“NANO-MUGEN COMPILATION 2006”
に収録のもの。
いまいちピンとこず。

そして、生の『ブルートレイン』はやっぱりかっこよく、
『リライト』のアレンジVer.もかっこよく、
『センスレス』はすごい好きになった。

ただ、相変わらず一番好きなのは『Re:Re:』だけど。
JAM〜Re:Re:の流れ最高っす!!

どうやら、アンコール前はセットリストを変えず、
アンコール後の古い曲中心のセットリストを変えてる模様。
結局↑の4曲は聴けず。。。
『君という花』はもういいから違うの演って欲しーな。


くるりに慣れたせいか、ボリューム満点のセットリスト。
汗だくで終了。
ライブ後食べた、安さだけが売りのイタリアンと、
赤レンガ〜ベイブリッチ〜レインボーブリッチの夜景のきれいなドライブと、
日本一デンジャラスゾーンであろう土曜の夜の六本木のドライブと、
後輩が作ったスーパーヘビーなクレープ@ドンキ六本木店
のおかげで最高に満腹だった。

つってもおかわりまだまだ食えるけど。
もうすでにアジカンのライブ行きたいし。
てなわけで、5月10日、SHIBUYA-AXで。


セットリスト

1.暗号のワルツ
2.ワールドアパート
3.ブラックアウト
4.JAM〜 ロードムービー
5.桜草
6.路地裏のうさぎ
7.ブルートレイン
8.真冬のダンス
9.バタフライ
10.JAM〜Re:Re:
11.リライト
12.新曲
13.サイレン
14.センスレス
15.月光

(アンコール)
16.振動覚
17.遥か彼方
18.嘘とワンダーランド
19.ループ&ループ
20.エントランス
21.君という花
22.タイトロープ



これ書いてて気づいたんだけど、『ファンクラブ』全曲演ってんのね。
しかも、アルバムの順番どおりに。
アジカンおそるべし。



横浜ブリッツ
4月29日21時ごろ 横浜ブリッツにて
音楽 | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
あいうえおんがく
バトン受け取ってないけど勝手にいただいて。
おもしろ企画だったんでついつい。。。

我ながら秀作。
特に「ら」から。

Kenさんに始まり、くるりで終わる。
これでiPodのプレイリスト作ろうかな。


【好きな曲バトン50音順 <邦楽編>】

全部違うアーティストにするのが条件。


あ―I Go Alone Again/Ken Yokoyama
い―イージュー★ライダー/奥田民生
う―歌声よおこれ/サンボマスター
え―N.O./電気グルーヴ
お―終わらない歌/THE BLUE HEARTS

か―come again/m-flo
き―君の街まで/ASIAN KUNG-FU GENERATION
く―CROSS ROAD/Mr.Children
け―GET WILD/TM NETWORK
こ―恋とマシンガン/フリッパーズギター

さ―Sun Sun Sun '95/ウルフルズ
し―joy/YUKI
す―STAND BY ME/GOING UNDER GROUND
せ―青春狂走曲/サニーデイサービス
そ―相談天国/THE HIGH-LOWS

た―黄昏サラウンド/RIP SLYME
ち―地球ブルース 〜337〜/KICK THE CAN CREW
つ―強い気持ち・強い愛/小沢健二
て―天体観測/BUMP OF CHICKEN
と―TOO YOUNG TO CRY/GOING STEADY

な―夏の思い出/ケツメイシ
に―New Song/AIR
ぬ―ぬれた靴/スガシカオ
ね―ネホリーナハホリーナ/PUFFY
の―No Border/レミオロメン

は―Hello/スーパーカー
ひ―陽はまたのぼりくりかえす/DRAGON ASH
ふ―FOOTBALLING WEAKENDERS/カジヒデキ
へ―ベースボールとエルビス・プレスリー/ショコラ
ほ―Boiler World/DATASPEAKER

ま―丸の内サディスティック/椎名林檎
み―みんなのうた/サザンオールスターズ
む―矛盾の上に咲く花/モンゴル800
め―めくれたオレンジ/東京スカパラダイスオーケストラ
も―もどかしさが奏でるブルース/風味堂

や―YA YA/DOPING PANDA
ゆ―雪が降る町/ユニコーン
よ―夜をぶっとばせ/ORIGINAL LOVE

ら―LOVE DISCHORD/BEAT CRUSADERS
り―LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN/Hi-STANDARD
る―Roots Of Tree/BRAHMAN
れ―Red Hot/ELLEGARDEN
ろ―ロックンロール/中村一義

わ―ワンダーフォーゲル/くるり
を―
ん―




音楽 | 10:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
チケゲッツ!!
ゲッツ。
死語。
ただ、死ってことは生きてた時代もあるわけで。
世の中に自分発信の言葉をこれほど広められるってのは、
相当にすごいことなわけで。


こんなことはどうでもいいんだ。
アジカンのツアーのチケット当たったよ〜♪
申し込んだのは、
4月29日横浜BLITZ
5月11、12日SHIBUYA-AX
6月26日Zepp Tokyo
6月28日STUDIO COAST
の4公演。
そのうち、ブリッツと11日のAXが当選。
ネットでいろいろ見てたら、けっこう当てる至難の技だったらしい。
とりあえずよかった。

ひとつ疑問。
当たったのはどちらもペア。
外れたのはどちらも1枚。
1枚なら当たりやすいんじゃないかってのは安易なのかね。


それともうひとつ、おもしろそうなイベントがあったんで、こちらもGET。

JAPAN STREET CALLING 06
ELLEGARDEN/10-FEET/RYUKYUDISKO/GIRIL and more!!
5/21(日)新木場STUDIO COAST
OPEN 14:00 / START 15:00
TICKET ¥3,800-(税込/1DRINK別)


オフィシャルはこちら

場内最大規模のステージとなるMIX POINTには、ジャンルを超えてストリート・シーンから強力な支持を受けるライヴ・アクトが集結 !
RAGGAE/HIP HOPそれぞれのシーンを牽引するDJ ACTが各エリアを展開!
日本を代表するアクティブ・ライダーに加え、海外からもスペシャル・エキシビジョン・アクトを招聘予定!

てな感じの主旨らしいです。

先行予約も受付中です。
15日まで。
興味ある方はお早めにどうぞ。



今日の一曲
BBQ Riot Song/ELLEGARDEN
音楽 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
LIVE SUPERNOVA DX@Shibuya O-East
奇跡に近い仕事のなさで、会社を6時半前に出る。
渋谷に着いたのは7時10分前。
余裕があるから、TSUTAYAで『ワールドアパート』を予習。

ひと通り聴いてから、道玄坂を登ってShibuya O-Eastへ。
会社に新しく入ってきたライブ好きの子が「すごいいいです!!」って言ってた通り、Shibuya O-Eastはすごくよかった。
入り口が2階にあって、2-4階までがフロア。
上にもロフト?的なものがあって。
下のフロアはどこにいても(柱がない限り)ステージが見える。
すごい近いし。Zeppみたいにステージまでが果てしなく遠くない。
Barも3箇所にあって、すぐ水分摂れるし。
ライブに水分は必須でしょ。
そして何よりキレイだし。

視聴してたもんで、入場したのは開演から15分ばかり経過した頃。
当然、1組目の髭(HiGE)はすでに始まってた。
冬の重装備&仕事道具満載のリュックでライブ体勢に入ってる人波を、何度も頭を下げながら突破。
不安をよそに、ロッカーはだいぶ余ってた。
ロッカーが多いってのはライブハウスでかなり重要度高し。
その点もだいぶよし。

Tシャツ&タオルになって、上の階から髭(HiGE)と2組目のNICO〜を観る。
缶ビール3本空けてかなり気持ちよくなって、3組目のつばきのところで下へ。
正直、この3組はあんま覚えてない。
髭(HiGE)が(勝手な)イメージとは裏腹にさわやかROCKだったのと、
NICO〜がけっこう恥ずかしい感じだったのと、
つばきのドラムが女の子なことくらい。

つばきがはけると人々が一気に前へ。
その勢いに乗ってかなり前まで移動。


待つこと数分、アジカン登場。
カウントダウンの時は遠くてあんまよく見えなかったけど、ゴッチはなかなか雰囲気あんね。
ええもん持ってますよ。

やっぱアジカンはドラムいいね。
演奏もうまいけど。

『リライト』もちょっとアレンジしてかっこよくなってたし。
うろ覚えの『ワールドアパート』もライブの方が全然いいし。
セッションからの『Re:Re:』は相変わらずかっこよくて、アジカンで1番好きな曲だし。


3月15日発売のアルバム『ファンクラブ』
かなり楽しみだよこれは。

ファンクラブ


そのアルバムツアーのTour 2006 「count 4 my 8 beat」
すげー行きたい。
なんなら東京全部行ってもいいかも。
そんな気にさせてくれたライブだった。


そして渋谷でのライブ恒例である、原宿まで歩いて、じゃんがらで『ぼんしゃん角肉味玉入り』。
やっぱ美味い。

ビールととんこつとライブの揺れで胃の中を最悪の状態にして家路に着いた。



セットリスト(抜けあり&順不同)
センスレス
サイレン
ループ&ループ
ブルートレイン
ブラックアウト
Re:Re:
君という花
ワールドアパート

(En)
リライト


音楽 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー, 石渡淳治
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
ハムスター
ハムスター (JUGEMレビュー »)
ショコラ, 片寄明人, 久米大作, 神田朋樹, 加地秀基, ダリアン・サハナジャ, 見津優, 會田茂一
Buzz Songs
Buzz Songs (JUGEMレビュー »)
Dragon Ash,Dragon Ash,降谷建志
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
STAND BY ME
STAND BY ME (JUGEMレビュー »)
GOING UNDER GROUND, 松本素生
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史
メイキング・ザ・ロード
メイキング・ザ・ロード (JUGEMレビュー »)
Hi-STANDARD,Hi-STANDARD,難波章浩,GOATEE,横山健
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004 (JUGEMレビュー »)

これ持ってないとレイソリスタではないでしょ。この10年で自分も子供から大人へ。青春アルバム的な1冊。
今となっては降格争い…。よかった頃を思い出してくれー!!
ERA
ERA (JUGEMレビュー »)
中村一義,サー・E.エルガー
TEAM ROCK
TEAM ROCK (JUGEMレビュー »)
くるり,岸田繁
くるりのNO.1アルバムですね。個人的に。入っている曲、曲順、全て良し。ホントに何百回と聞いたと思う。今も聞いてるけど…。
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
Search this site.