Eight Days A Week

1週間で8日分楽しんじゃえばいいじゃん
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ワールドカップ総括
ついに終わっちまった。


光陰矢の如し。
サーロイン肉の如し。
(C)吉田照美

予想はしてたことだけど、この1ヶ月はあまりにも早く、あまりにも楽しく、あまりにも悲しかった。


ここでW杯総括。


過去ワースト2の得点率の低さ。
それを聞いて合点がいかないレベルの高さ。
点が入らなくてもサッカーはおもしろいことが改めて証明されたわけです。

予選リーグは点がバンバン入った。
決勝トーナメントに入った瞬間、得点は減った。
強いチームと弱いチームの差が大きいことを意味してるわけです。
そして悲しいかな、日本は弱い方に属しておるわけです。


先にも書いたように、得点こそ少ないもののおもしろい試合が多かった。
それは消極的で点が取れなかったわけではないから。
多くのチームは攻撃的だったし、そうでないチームは敗れていった。
たとえブラジルでも。

そして攻撃的なサッカーが監督の力によるものであったことも間違いない。
監督の力の差が濃く出た大会だったと思う。
イタリアが優勝できたのは、監督のリッピが攻撃的なチームを作り上げたことも大きい。
ヒディングは名将であることを改めて証明してみせた。
チームの長所を引き出す能力にかけては世界最高だね。
逆にブラジルは過去最強といわれるタレントを使いこなすことができなかった。
アルゼンチンにしても、ドイツ戦でリードを奪った後、守備的な采配が完全に裏目に出て敗れた。
日本の監督は出場国の中で最も能力の低い監督だった。
過ぎたことはしょうがない。
失敗を活かして欲しい。


大会ベストイレブン
GK ブッフォン(イタリア)
DF カンナバーロ(イタリア)
   ザンブロッタ(イタリア)
   テュラム(フランス)
   マルケス(メキシコ)
MF ピルロ(イタリア)
   ガットゥーゾ(イタリア)
   ジダン(フランス)
   リケルメ(アルゼンチン)
FW アンリ(フランス)
   クローゼ(ドイツ)
次点 オーウェン・ハーグリーブス(イングランド)
   ホアキン(スペイン)

大会MVP
カンナバーロ(イタリア)

ベストゴール
3.玉田圭司(×ブラジル)
2.カンビアッソ(×セルビア・モンテネグロ)
1.デルピエロ(×ドイツ)


ベストイレブンはベタベタだけどやむを得ず。
そりゃぁかぶるでしょ。
次点の人は限られた時間だけ輝いた人たち。

オフィシャルのMVPがなぜジダンなのかが理解できない。
あの決勝戦でのあの事件は、永久に語り継がれていくものでしょ。
もちろん悪い意味で。
予選リーグでも累積で出場停止になってるし。
そんな人がMVPもらっていいのかね。
ジダンが退場してなかったらフランスが勝ってたかっていうと、そうとは限らないけど、それまで完璧にフランスペースだったのに、流れが変わったのは間違いない。

ベストゴール。
ロングシュートは個人的にあんまり好きじゃない。
パスをつないで決めるのが好き。
でも美しさだけが全てじゃない、と言いたい。
その1点の重みも加味するもんだと思う。
玉ちゃんのゴールは今大会中、最もアドレナリンが放出された瞬間だった。
ブラジルから流れの中で点を取るってすごいから。
セットプレーじゃなく、カウンターでもなく、ああやってブラジルが点を取られたところってあんまり記憶にないな。
たとえブラジルがマジじゃなかったとしても。
カンビアッソのゴールは言うまでもなく。
デルピエロのゴールは泣いたね。
延長のあの時間に、なんでカンナバーロはあんなインターセプトができるんだと。
なんでジラルディーノはノールックでどんぴしゃのタイミングでパスが出せるんだと。
なんでデルピエロは画面の見えないところから走ってくるんだと。。。
その前からリッピの攻撃的采配には感動したけどね。
すばらしいゴールたちでした。


気づけばもう夏。
夏フェスだー!!
楽しいことはいくらでもあるもんな。



今日の一曲
月光/ASIAN KUNG-FU GENERATION


イタリア
ワールドカップ | 11:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
ジローラモの母国の話
ついにW杯もあとちょっとで終わってしまう。
始まる前に一瞬で終わるってわかっていたけど、それにしても早いよ。


ベスト4はすべてヨーロッパが占めた。
ベスト4がヨーロッパだけ。
つまりブラジルかアルゼンチンがいないのは1982年以来、24年ぶりのこと。
過去17回を見ても、たったの3回しかない。
それぐらい稀なことなわけで。


準決勝は、ドイツ(開催国)×イタリア、ポルトガル×フランス。
この組み合わせを見てると、2000年のユーロを思い出すなー。
オランダ(開催国)×イタリア、ポルトガル×フランス。
あのときの決勝はイタリア×フランス。
2年前の1998年のW杯を制したフランスがユーロも制した。
トレゼゲの5回に1回決まるかどうかのスーパーボレーで延長戦に蹴りをつけた。

1点をリードしながら、追いつかれ、逆転されたイタリア。
はじめてカテナチオが破られるのを目撃した。


準決勝対オランダ戦。
早々に1人退場者を出したイタリアは、オランダの猛攻を防ぎPK戦までひたすら守った。
攻撃サッカーのオランダが勝てず、守備ばっかりのイタリアが勝ったのが大いに不満だった。
決勝でフランスがカテナチオを破って優勝したのがたまらなく嬉しかった。


あれから6年。
舞台は違えど、イタリアは決勝に駒を進めた。
ただ、いまのイタリアは6年前とは違う。
守るだけの退屈なチームじゃないし。

もちろん守備が堅いのは大前提だけどね。
ブッフォンとカンナバーロは、改めて世界最高だね。
神がかってる。

いまはプラスで攻撃陣がすごいから。
今日のドイツ戦。
延長戦終了間際に1点取って、さらにもう1点取ってとどめをさしにいったってのがいいね。


なので、決勝はフランスと!!
今度は負けないね。


……お前はいつからイタリアファンになったんだよ。
とか思ったでしょ。
あまいな。
6月9日の日記でイタリアを優勝候補に推してるから。
4番手だけど。。。


じつは、6年前のユーロの決勝。
フランスじゃなくて、イタリアに賭けてたんだよね。

そして、、、
今回も。
じつは、ブラジルとイタリアに賭けてんだよね〜♪
イタリア優勝したら……あー、笑いが止まらん。


そしてそして、この日記の冒頭の部分。
「1982年以来」と書いてます。
1982年のW杯の優勝国は、、、
はい、正解!!!
イターリア

「たったの3回しかない」と書いてます。
その3回中、2回優勝してるのが、、、
はい、正解!!!
イターリア


関係ないけど、某イタリアンレストランの話。

その昔、ディアボラ風ハンバーグを注文したら、イタリアンハンバーグが出てきた。
「頼んでないんすけど」。
すぐに作り直しますのでと、おばちゃんはさがっていった。
2分後、おばちゃんがお待たせしましたと、ディアボラ風ハンバーグを持って再び現れた。
待ってないですけど。
むしろ早すぎるんだけど。
まぁいいか。

3分の1ほど食べたところで気づいた。
たまねぎの下にトマトソースたちが潜んでいることに。
はい、正解!!!
作り直したわけじゃなく、トマトソースを削ぎ落として、たまねぎを乗せただけだった。
なめたまねしてくれましたな。
サイゼーリヤ


デルピエロ


今日の一曲
Juice/くるりとリップスライム
ワールドカップ | 17:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
W杯優勝国予想!!!
はやいもんでW杯も残すところ8試合、4分の1を残すのみ。

で会社で優勝国当てクイズを開催。
1口3000スマイル

で、いろいろ考えたこの3日間。


アルゼンチンは強い。
いままで見たアルゼンチンで間違いなく一番強い。
これまでの試合を見る限り、優勝に最もふさわしいサッカーをしてる。
前線のメンツはブラジルよりアツイし、
メキシコ戦の後半で実現したメッシ、テベス、アイマール、リケルメのカルテットは
ブラジルのそれ(ロナウくん、アドちゃん、カカ、ロニー)を凌駕すると思うわけですよ。

それでも優勝はないなと。
めちゃめちゃ強いよ。
強いけど底が見えたかな。強さの。
あとちょっと守備が不安かな。
ドイツとの準々決勝は見物だな。


そしてイタリア。
おそらく決勝はイタリア×ブラジルじゃないかな。
ベストはアルゼンチン×ブラジルだけど。
でも優勝はイタリアじゃない。


てなわけで、優勝はブラジル!!

イメージないかもしんないけど、ブラジルって守備固いんだから。
玉ちゃんに取られる前の失点は、4年前の準々決勝にまで遡らなければならない。
つまり、ブラジルは日本に失点するまで4試合完封してたことになる。
ブラジルの守備は固いんだってホントに。

その時の失点はオーウェンにスピードで縦にいかれた失点。
玉ちゃんもそうだし。
ブラジルは上と横には強いけど、縦には弱い。
そして、フランスが今大会やっているサッカーは縦へのサッカー。


理想的な展開としては、フランスが先制する。
フランスの強固な守備に手を焼くブラジル。
そして、今大会初めてブラジルらしさを出す。
ブラジルの最大の長所である、ドリブルとワンツーを駆使した突破。
あー、考えただけでワクワクするわ〜。


あいつらいまのとこ本気だしてないな。
去年のコンフェデ杯決勝、対アルゼンチン戦。
4対1でアルゼンチンに圧勝したあの試合。
あのときの圧倒的な強さが頭から離れない。
フランスだったら真のブラジルを引きずり出せるんじゃなかろうか。

ドイツ×アルゼンチンと並んで、今大会のベストマッチになる予感。
ただし、ブラジルが先制したらダメね。
あいつら先制したらつまんないから。


気がつきゃ来週の日曜でW杯は終わり、今日で2006年も半分が終わる。
短いようで長い夏を迎え、夏フェスを迎え、27歳を迎える。

「2ヶ月後の自分は何をしていますか?」
maxellのCMを見るとたまらん気持ちになる今日この頃。



今日の一曲
We Are The Champion/QUEEN
ワールドカップ | 18:47 | comments(0) | trackbacks(1) |
W杯、第一部終了
なんかね、すごい楽しかった。


23時に恵比寿着いて、Jam'sでアホみたいにハンバーグ食って。
HUB行って、イタリア×チェコに夢中になるはずが、かわいい店員さんに夢中になっちゃって。
25時過ぎにリキッドルーム着いて。
ユニフォーム着てる人いっぱいいて嬉しくて。
玉ちゃんが自分だけなのも嬉しくて。

FPMすごいよかった♪
そして鹿野さんによるスタメン発表!!
もうね、あそこにいたら本当にブラジルに勝てんじゃないかと思ったよ。


スタメン発表の前、トイレに行ったら「玉田」って声かけられた。
「今日スタメンだから。絶対点取るから」。
この日、十何番目かに出会った「中田」に言ってやった。

スタメンは玉田&巻。

アトランタを思い起こさせる、川口のセービング。

そして玉ちゃんの先制弾。

すべてが理想どおりの展開。
こわいくらいに。。。


そしてもうひとつ予感は当たった。
ブラジルは前半のうちに1点返しにくるだろうな。。。


前半の戦いはすばらしかった。
久々にサッカーの試合で感動して涙が出そうになった。

後半は情けなくて泣きそうになった。
俊輔、高原のこの4年間はなんだったんだろう。
2人と同じく、無駄なようなこの3年を過ごしている自分にとって、
ただ非難をする気持ちにはなれなかった。


そして、前回から4年。
間違いなく歴代最高のチームになるはずだった今回の日本代表。
それを1分2敗という結果にしか導けなかったジーコ。
いまさら言っても遅いけど、最低だったよあんた。
今日の采配はどうしたの??
2点差つけて勝たないといけないんじゃなかったの。
引き分けたらブラジルからご褒美でももらえたの??


もうね、疲れないや。
むしろやっとスッキリした。
大勢の人たちと見れてよかった。
玉ちゃんが決めた時のハッピーな気持ちは、いままでの日本代表で一番だった。

負けたけど気分よかった。
今日戦ったチームは間違いなくブラジル代表だった。
勝たないといけないのに、ワクワクしながら試合を見れた。


とりあえず日本代表おつかれさま。
今後のことは今すぐ考えないでいいよ。

そしてもう明後日から決勝トーナメントがはじまる。
本当におもしろいのはこっからだかんね。
てなわけでW杯第二部がはじまります。



今日の一曲
ガッツだぜ!!/ウルフルズ
ワールドカップ | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
探し物は何ですか 〜ワールドカップへの道 その7〜
ドイツ×コスタリカ
ポーランド×エクアドル
イングランド×パラグアイ
スウェーデン×トリニダード・トバゴ
アルゼンチン×コートジボアール
オランダ×セルビア・モンテネグロ


再放送含め、いまのとこ全部観てる。
途中、何分か意識飛んでるけど。


土曜日は飲み会早退。
飲み会早退はホント嫌なんだよね。
何が嫌かって自分がいない時におもしろいこと起こるの嫌だから。

イングランド戦観てる時も飲み誘われたけど、
「W杯観るんで……」と断った。
すごい行きたかったけどW杯と天秤にかけたらね。

それなりにいろんなこと犠牲にしてんのよ。


これまでの感想。

やっぱりドイツのDFは遅いね。
あれじゃ決勝トーナメントは勝てないわ。

ワンチョペはたいしたもんだよ。

イングランドは前半あれだけ圧倒してて、後半の無様なこと。
前半の勢いだったら3ー0でもおかしくなかったのに。
後半はランパードとジェラードが守備に追われて消えてたし。
やっぱり守備的なボランチが欲しいな。
でもジョー・コール外さないといけないし。
そうすっとルーニーいないからドリブルするやついないし。
むずかしいね。

パラグアイ見て思った。
やっぱり南米のチームはおもしろい。
守備的っていわれてるパラグアイですらおもしろい。
南米の選手はドリブルするから。
やっぱりパスじゃないんだよね。
重要なのはドリブル。

スウェーデンやっちゃった。

トリニダード・トバゴよくやった。

アルゼンチンいいけど、1人ドリブルできるやつがいるともっとよくなるんだけどな。
メッシ出れるんかな。

コートジボアール強い。
このグループじゃなかったら絶対決勝トーナメント行ってるよ。
はじめてドログバに好感もった。

オランダは初戦だからかもしれないけど、ボールが落ち着いてなかった。
ロッペンすごかった。
孤軍奮闘。
やっぱりドリブルですよ。

セルビア・モンテネグロはこのグループじゃキツいな。
全敗もありうるかも。


ベストゲームはアルゼンチン×コートジボアール。
って書くつもりだったけど違った。
いま前半終わったメキシコ×イラン。
おもしろい。
両チームとも攻撃的でいい試合です。
この試合は睡眠に充てるつもりだったのに。
どうしてくれんの。


今日どしゃぶりの中フットサルして、
温野菜で腹12分目まですき焼き&しゃぶ食って、
家に着いた3分後には眠りに落ちた。
夢の中で、笑いながらドイツの街を歩いてた。
探しものはドイツにあるらしい。


今日の一曲
夢の中へ/井上陽水
ワールドカップ | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー, 石渡淳治
LIFE
LIFE (JUGEMレビュー »)
小沢健二,小沢健二,服部隆之
ハムスター
ハムスター (JUGEMレビュー »)
ショコラ, 片寄明人, 久米大作, 神田朋樹, 加地秀基, ダリアン・サハナジャ, 見津優, 會田茂一
Buzz Songs
Buzz Songs (JUGEMレビュー »)
Dragon Ash,Dragon Ash,降谷建志
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
STAND BY ME
STAND BY ME (JUGEMレビュー »)
GOING UNDER GROUND, 松本素生
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史
メイキング・ザ・ロード
メイキング・ザ・ロード (JUGEMレビュー »)
Hi-STANDARD,Hi-STANDARD,難波章浩,GOATEE,横山健
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004
DECADE 柏レイソル10年史―KASHIWA Reysol Official History 1995‐2004 (JUGEMレビュー »)

これ持ってないとレイソリスタではないでしょ。この10年で自分も子供から大人へ。青春アルバム的な1冊。
今となっては降格争い…。よかった頃を思い出してくれー!!
ERA
ERA (JUGEMレビュー »)
中村一義,サー・E.エルガー
TEAM ROCK
TEAM ROCK (JUGEMレビュー »)
くるり,岸田繁
くるりのNO.1アルバムですね。個人的に。入っている曲、曲順、全て良し。ホントに何百回と聞いたと思う。今も聞いてるけど…。
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
Search this site.